リージャスについて

検索/ログイン
沿革 ビジョン

沿革: ビジネスの実現に向けて

リージャスはフレキシブルなワークスペースを提供する、世界最大のプロバイダーです。リージャスでは次のような理念に基づいて、事業を展開しています。​

ビジネス革新の推進

ビジネス革新の最先端を行くリージャスでは、 先進的な商品やサービスのラインアップを常に拡充し、大企業から中小企業まで、あらゆる規模のビジネスをサポートします。 現代社会において、多くの企業が新しい課題への対応を求められる中、 リージャスでは新たなワークスタイルの提案を行うとともに、新世代プロダクトやサービスの提供を行い、お客様が本来のビジネスに集中できるよう環境を整えます。

 

こうした先進的なアプローチが好評を得て、年成長率20%、年商10億ドルの大企業へと成長。2014年には毎日新たに2つのビジネスセンターをオープンするという野心的な計画を立てました。

活気溢れる環境

当社のビジネスセンターに一歩足を踏み入れると、そこには活気とエネルギーに満ちた空間が広がります。 当社では、個人起業家からグローバルビジネスの経営者まで、さまざまなお客様に対し、それぞれのワークスタイルに適したフレキシブルな作業環境を提供しています。 また、当社の優秀なスタッフが、それぞれのお客様のニーズに応じて、柔軟性に富んだ5つ星のサービスを提供し、お客様のビジネス実現を後押しします。

 

変化に満ちた当社では、退屈と感じる暇は一切ありません。そして、あなたのアイデアを実行に移すチャンスに溢れています。 ますます拡大を続ける当社の成長を後押しし、未来のワークスタイルを構築する、エキサイティングな仕事に携わってみませんか。

革新の歴史

当社の創業者マーク・ディクソンは、1989年にベルギーの首都ブリュッセルに立ち寄った際、新たなビジネスの可能性を見出しました。 以来リージャスでは、とどまることなく新たなアイデアを生み出し続けています。

 

ブリュッセルのビジネスセンター第一号店からスタートし、1994年には中国や南米に事業を拡大。1998年には米国にも進出し、フレキシブルなワークスペースを提供する世界最大のプロバイダーへと成長しました。 そして今では、世界中のあらゆる地域に拠点を置いています。

 

新たな国や市場への進出は、1990年代初期の頃と同じく、新鮮でエキサイティングなプロジェクトであることに変わりありません。 またお客様のニーズが日々刻々と変化する中、これに応える新たなアイデアが常に求められています。 2005年にスタートしたメンバーシッププログラム、ビジネスワールドもこうした新アイデアの1つであり、会員カードをお持ちのお客様は世界各地において、必要なときに、リージャスのワークスペースやサービスをご利用いただくことができます。

 

今では、フォーチュン500社の企業の半数以上、そして何千もの中小企業に当社をご利用いただいています。 急速に変化する市場において、お客様の事業の発展をサポートするため、リスク管理、業績の最大化、柔軟性の推進に向けた、斬新で革新的なソリューションを常に模索しています。

リージャスの歴史

1989年の創業以来、リージャスでは常にプロダクトのラインナップ拡充に取り組み、必要なときに、必要な場所で、思いのままのワークスタイルを実現したいという顧客のニーズに応えてきました。

国際的成長

1989年にヨーロッパからスタートした事業は、1994年には南米・中国、1998年には米国へと拡大。20年以上にわたり、世界各地のお客様がより効率的な方法でビジネスを行えるようサポートを提供してきました。

革新の歴史

リージャスでは常に、より最適で効率的なワークスタイルの提供に向けて取り組んでいます。 こうした中で誕生したのが、メンバーシッププログラム、ビジネスワールドです。

ワークスタイルの未来像

これからの時代、世界各国の主要都市に拠点を置くこと は不可欠でしょうか?

それとも、オフィスは全く必要なくなるのでしょうか?

どういったテクノロジーやバックアップが必要でしょうか?

ワークスタイルの未来像

これからの時代、世界各国の主要都市に拠点を置くこと

は不可欠でしょうか? それとも、オフィスは全く必要なくなるのでしょうか? どういったテクノロジーやバックアップが必要でしょうか?

 

リージャスでは日々、こうした問題に取り組み、 大小あらゆる規模の企業が、モバイルワークやグローバリゼーション、柔軟性に富んだワークスタイルにおけるニーズに応えられるよう、さまざまなサポートを提供しています。 またお客様が、世界のあらゆる地域で、より効率的にお仕事が進められるよう、斬新で革新的なソリューションを日々模索しています。

 

リージャスでは、世界各地において新たな市場の拡大を進めるとともに、未来のワークスタイルを創造すべく常に変化を続けています。 また、こうした事業の拡大により、当社のスタッフは国という枠を超えて活躍の場を広げるとともに、全く異なるビジネス文化を学ぶという貴重な経験を得ることができます。

持続可能なビジネス

さまざまなステークホルダーやサプライチェーンとの関わりの中で事業を展開するリージャスでは、サステナビリティ(持続可能性)を中核とした経営方針を追求しています。 また、革新的な商品やサービスを開発することで、当社の顧客が持続可能なビジネスを推進し、環境への影響を抑え、ワーク・ライフ・バランスを向上できるようサポートします。

コミュニティへの投資

リージャスでは、世界各地において持続可能な事業の拡大を推進しています。 また、事業を展開する地域における社会的責任や環境問題に取り組むと同時に、各地域の雇用を増進し、ビジネススキルやビジネスチャンスを育成することで、コミュニティの発展に貢献しています。 さらに、当社のスタッフが世界各地域において、地域コミュニティをサポートする様々なプロジェクトに携わっています。

環境問題への取り組み

リージャスでは、未来のワークスタイルは、環境への影響を最小限に抑えた、ムダのない効率的な作業環境を整備すべきであると考えます。 カーボン・トラスト・スタンダードの認証を取得した当社は、2007年の数値を基準に、2020年までに二酸化炭素排出量を半減するという目標を掲げ、 ビジネスセンターの立地選択から設計、建築、運用に至るまで、二酸化炭素排出量の削減、リサイクル率の向上を推し進め、目標達成に向けた取り組みを行っています。